私たちの身体は骨盤を底辺として、その上に内蔵が吊り下げられている状態になっています

骨盤の状態が正常な位置であれば、内蔵は吊り下げられた状態をキープし続けます

しかし骨盤が開いた状態になってしまうと、吊り下げられた内蔵は次第に下半身を中心に下降します

すると内蔵の隙間に脂肪が蓄えられるようになり、皮下脂肪も付きやすくなるのです

骨盤の開いた状態が続けば、太りやすくなるといわれる理由はここにあるのです

ちなみに骨盤の開いた状態が続くと身体の様々な部分に悪影響を及ぼすこととなり、筋肉も疲れやすくなり、エネルギー消費もされにくくなります