操体法とは

操体とは一言で言えば「本人にしかわからない快適感覚を味わうことによって、ボディの歪みを正し、二次的に症状疾患を解消する」「健康が人が病気にならないための、身体運動の法則、自然法則に従った未病医学」だそうです

操体、操体法とは、仙台の橋本敬三医師が(1897-1993)が昭和初期頃、様々な民間療法を試しているうちに、高橋迪雄(みちお)氏の正體術矯正法に巡り会い、そこから医者としての立場から医学的な認識に基づいて創案・体系づけたものです

人間のからだは構造(ツクリ)があって、そしてそれが動く、その形態がバランスを崩し、ボディに歪みが生じると、それが多種多様な症状疾患の原因となり、それを正すことによって健康を取り戻します

操体では、全ての症状疾患にボディの歪みが存在するという考えがあり、このボディの歪みを正すことによって、からだ自身が持っている、治せる力、良くなる力をアップさせます

難しい説目になりましたが、操体法を簡単に説明しますと、マッサージや指圧、ストレッチではなくボキボキと鳴らすものでもありません

辛い動き、痛い動きの反対の気持ち良い動きで整える健康法です

たとえば、顔を右に向けると痛くて、左を向くと楽・気持ちいいという時は、左を向く動作をじっくりと丁寧に味わいながら行います。すると、身体の自己調整力が働いて、元のバランスに戻ろうとしていき、顔を右に向けても痛くなくなり右にもうごきやすくなっていくという施術です