SMTマスター

SMTは鈴木一登先生開発のテクニックで、SMTの手技を簡単に説明すると、押圧の施術です

通常の施術だと症状のあるポイントに持続圧を加えると、受けている方は気持ちよさや痛みを感じます

SMTはダダの押圧施術ではなく、症状によってあるポイントを2か所同時に押圧する施術です

なぜ2か所同時に押圧するかというと、通常の1か所の押圧の施術では痛みを脳が感じて、深部まで圧を加えると条件反射で体が防衛反応を起こし筋肉が硬直して圧を弾き返そうとします

そこで2ST(もう一つのポイント)へ圧を加えることで、1STのポイントが脳に痛みを伝えるのを遮断させます

脳へ伝わる痛みを遮断させることでクライアントが防衛反応を起こさないので圧がより深く深部まで伝わり筋肉を弛緩させることができます

妊婦さんに対しても安全な施術で、揉み返しもなく、持続性も高い施術です