六層連動操法とは

「六層連動操法」はHEATH整体院の沖倉先生が開発したテクニックで、身体の可動域に制限をかけている筋膜や骨膜の癒着を剥がしとることを目的とした徒手療法です

筋膜に対する手技で筋膜リリースや筋膜グリッピング療法というテクニックがありますが、表面上の筋膜を調整し筋肉の形を正常な形に戻すことで血流が良くなり痛みがきえるということですが、それとは全く異なるテクニックです

「六層連動操法」は深層部の癒着を剥がしとることが出来る世界で唯一の徒手療法で、は揉みほぐしはなく、施術に強い刺激や痛みはありませので、アスリートから妊産婦、そしてお年寄りまでどなたでも安全に施術を受けていただくことが可能です

癒着はガムテープのようなもので部位によって可動域に大きな制限がかかり、リンパや血液の流れを滞らせ血行障害や疼痛を引き起こしたりもします

深層部の癒着はとても強固で、ストレッチやマッサージでも剥がし取ることは難しく、場合によっては、何十年と身体にへばりつき大きなストレスをかけ続けます

一般的に筋膜のイメージは筋肉全体を覆っているボディスーツのようなイメージがありますが、実際は骨膜まで大まかに六層に連なる立体構造となっていて、メスを入れなければ届かない深層部の癒着や硬結を六層に連なる筋膜や関節を連動させることで剥がしとります

これによって物理的な制限が取れた身体の可動域は大きく改善し滞っていた血液やリンパの流れも再開します

また、一度剥がれた癒着部位は炎症を起こさない限り簡単に再癒着することはありません