人間の3大欲求の一つである睡眠欲。食事には気を付ける方が多いのですが、意外と意識されてないのが睡眠です。

なぜ、睡眠の質が悪くなるかと言いますと睡眠とは副交感神経が働いていると質の良い睡眠がとれます、逆に交感神経が働いていると質の悪い睡眠になります。

質の悪い睡眠場合は心身ともに悪影響が出ます。ストレスの蓄積、老化の進行、集中力低下、コミュニケーション能力の低下、お肌のトラブルなど様々な影響が出てきます。

ここまでご紹介すれば、睡眠がいかに大切か皆さんお分かりですよね。ちょっとしたことに気を付けるだけで今までよりも,質の高い睡眠がとれるようになります。
・寝る前には刺激を避けて、リラックスした時間を過ごす。
・日中に適度な運動をする。
・40℃程度のぬるめのお湯にゆったりと入浴する。
・寝酒、就寝前の喫煙などは控えましょう。
このような事に気を付けるだけでも、毎日の睡眠は変わってきます。

当院の整体で血の流れがよくなり、睡眠に関係の深い副交感神経も働きます。「当院の整体」で快適な睡眠を手に入れてください。