夏のこの時期、覆うのが足のつりではないでしょうか?

夜寝ている時に足がつってしまったことはありますか?

誰もが一度は経験がっるかと思いますが、痛くて目が覚めてしまいます。

では、どうして足がつるのでしょうか?

主な原因としては 筋肉の疲労・ 冷えによる筋肉の硬結・ ナトリウムやカリウム等の電解質不足 水分の不足 などがあります。

筋肉の疲労や冷えによる硬結によって足がつることはみなさんもよくお分かりになると思います。

ではナトリウムやカリウム、水分の不足でどうして足がつるのでしょうか。

それはこれらが不足すると筋肉の弾力性が失われてしまうからです。筋肉は伸び縮みする輪ゴムの集合体のようなもので、弾力性が失われるとうまく伸び縮みすることができなくなってしまいます。輪ゴムは古くなると、引っ張ると簡単に切れてしまいますよね。

筋肉もそれと同じで疲労や水分等の不足で伸び縮みが上手くできなくなり、つりやすくなってしまいます。

水分不足を補うのに一番簡単なのは、スポーツドリンクを飲むことです。スポーツドリンクにはナトリウムやカリウム等の電解質が多く含まれており、筋肉内の水分を素早く補給することができます。

そして、最も重要なのは足の筋肉に負担をかけないようにすることです。

その為には腰の筋肉にかかる負担を軽くしてあげる事がとても大切です。多くの場合は腰で支えきれない負担がお尻の筋肉や足の筋肉にかかってきます。これを防ぐためには背骨でしっかりと体を支えて腰の筋肉に負担をかけないようにしないといけません。

当院の整体で体を整え、腰の筋肉にかかる負担を減らすことで、足の筋肉にも負担がかからないようになり、その結果足がつりにくくなります。