昨日は足のつりについ書きましたが、脚がつった時にはストレッチしますよね

普段行うストレッチについてですが、間違ったやり方をしてしまうと逆効果です。

せっかく疲れやダルさを取るためにストレッチをしているのに逆に筋肉を痛めてしまう方がたくさんいらっしゃいます。

まず気を付けることは、

・反動をつけずに呼吸はゆっくり行う

・一つの動作を20秒~30秒かけて行う

・お風呂上りなどのように体が温かい状態で行う

・痛みがあるときは無理せず安静にする。

・継続して行うことが重要。

あくまでもストレッチの目的は筋肉の柔軟性を高め、血行を良くして疲労回復を早めることです。

必要以上のストレッチを行うと、筋細胞が破壊されて筋肉に弾力がなくなってしまいます

筋肉はゴムとは違います

ストレッチだけでは限界があります

朝起きた時に体がダルイ、肩・腰に常に違和感がある、体が疲れやすいなどの症状がでましたらストレッチではなく早めの施術が必要です。

整体では深い所の筋肉の緊張を緩める施術を行います

ストレッチだけではなかなか疲れやダルさが取れない時は整体がおすすめです