当院で通院されている利用者様で膝が痛い利用者様が多くいらっしゃいますが、その一部の方で、膝が痛いからよく注射していますといわれます

注射の先は針です

あの針を膝にさすと出血しませんか?

出血するということは、筋肉にさして傷口から血が出ているということは、膝に注射して油をいれてるつもりが筋肉を痛めているのです。

あとその油とおもってるものにも秘密があり、その油の成分は、ヒアルロン酸と言うものと、痛み止めがはいっています

だから注射をした時だけ痛みがマシに感じるのです

だからまた痛くなったら注射する、また注射により筋肉を痛めて、また注射をするの繰り返しになる悪循環にはまってしまうのです。

膝が痛い原因は、膝のまわりについてる筋肉のバランスが崩れて膝関節が筋肉により引っ張られて膝の内側、外側に痛みを感じます

根本原因からの改善は体のバランスを整えて、下半身に掛る負担を軽減することで膝への負担も軽減されます

そして膝周辺の筋肉のバランスを整えることで痛みも楽になります

今日もあなたが「健康で元気で」ありますように